show33のブログ

人生に役立つヒントをUPしていきます!

知り合った人と仲良くなる、たった1つの方法

みなさん、こんばんわ。

 

初対面の人や、あまり接したことがない人と仲良くするにはどうしたらいいのでしょう。

 

答えは、、、

 

 

★相手との共通点を多く見つけること★

f:id:show33:20190821220141j:image

 

共通点を多く見つける事により、相手は「接しやすい人」という印象を持ちやすくなります。

 

そのためには、【質問力】を磨く必要があります。

 

つまり、

いかに相手から自分との共通点を引き出せるか!

が重要になるわけです。

 

これは男女ともに、持っていれば非常に役立つスキルです。

 

よく嫌われるタイプとして挙げられるのが、

・自分の話ばかりをする人

・自慢話をする人

・相手の話をきちんと聞けない人

です。

 

そうならないためのアクションプランを以下でお伝えしていきます!

 

 

★質問力を向上させるアクション★

まず、質問のネタは以下の11個から選びましょう。

 

1.季節

2.趣味

3.ニュース

4.旅行

5.天気

6.家族

7.健康

8.仕事

9.ファッション

10.グルメ

11.住まい

 

※ちなみに、エジンバラ国際大学の調査では、初対面の男女50名ずつに重要に話をさせる実験を行い、カップルが生まれる確率が最も高かったのは「旅行」の話題だったそうです。

 

住まいや家族の話題だと、いきなりプライバシーに踏み込むことになりますので、まずは当たり障りの無い話題が良さそうです。

 

プライバシーに抵触するような話題は、少しでも仲良くなってからするのがベターですね!

 

 

そして、この記事を読まれた皆さんには、是非この11個のトピックスに対して、事前に自分の解答を出しておくことをオススメします。

 

また、相手がどのような解答をしたら、自分とどのような共通点があるのか、、、も精査しておくと良いですね!

 

 

どちらかと言えば、女性は受け身タイプが多いですから、特に男性は、このような質問から相手とお近づきになることが正攻法だと言えます。

 

それでは、皆さんの恋愛が上手くいくことを願っています!^_^

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ココナラにて、悩み相談や恋愛テクニックなどをお伝えしています。

興味のある方は、ぜひ(^ ^)

https://profile.coconala.com/users/1063409

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

あなたは大丈夫!?モテない男性の「10の行動」

みなさん、こんにちわ!

今日は、男性必見の内容です^_^

 


梅雨も終盤になり、これから夏本番ですね!

海やBBQなど、レジャーに異性と出掛ける機会も多いかもしれません。

 


異性に好かれたいと思うのは、誰しも同じですが、実は男性がやってはいけない行動や態度があることにお気づきでしょうか?

 

何の事だか、さっぱり、、、

という悩める男性諸君に、今日はやってはいけない10個の行動をお伝えします!

 


もし、10個の中に心当たりがある内容が含まれていたら、今日から改善していきましょう!!

 


-----------------------------------------------

1.相手に全てを委ねる

f:id:show33:20190719125911j:image

 

待ち合わせ場所や、デートの日時、食事内容など異性とどこかへ遊びに行く時には決める項目がいくつかありますよね。


そんな時、あなたはどういう行動を取っていますか?

 

 

 

ここでの結論は、

「相手に委ねる行為」はご法度だということ。

 

 

例えば、待ち合わせ場所。

相手の事を考えて、「◯◯ちゃんが来やすい場所でいいよー」と丸投げしてませんか?


一見すると優しい男性の行動のようにも見えます。


しかし、女性からすると「自分が決めなきゃいけないの?」と思ってしまいます。

 


なので、

「◯◯ちゃんは、××に住んでるんだったよね?待ち合わせ場所は、△△と△△のどっちが来やすい?」


とか


「今日は和食と洋食だったら、どっちの気分?」

 

といったように、選択肢を出してあげると相手も選びやすいですし、喜ばれる事が多いです。


男らしく、さらっとリードしてあげましょう!

 

 

 

2.しつこいメール

f:id:show33:20190719125329j:image

 

・自分が送ったメールに既読が付かない。

・既読が付いたけど、なかなか返信がない。


こういう時、あなたはどうしますか?


ここでの結論は、焦って何度もメールしないことです。

 

 

相手の女性はもしかすると、友達と出掛けてるかもしれませんし、仕事中かもしれません。


そんな中、何回もしつこくメールが来れば気持ちも冷めていってしまいます。

 

 

ここはひとつ、大きな気持ちで返信が来るのを待ちましょう。

 

 

 

3.自分の話ばかりしてしまう

f:id:show33:20190719130223j:image

 

相手と仲良くなるためには、コミュニケーションは欠かせません。


相手との会話で、もっと自分の事を知ってもらいたいという気持ちから、つい自分の話ばかりしてませんか?

 

 

 

心理学博士であるジョン・グレイ著の「一人になりたい男、話を聞いてほしい女」(https://amzn.to/2JJhZYg)にも書かれていますが、

 

男性は解決を求め、

女性は共感を求める生き物です。

 

 

ですから、男性が自分の話ばかりするのは論外ですし、女性の話に割り込んで解決策やアドバイスをするのも控えたほうが良いです。

 

 

言葉のキャッチボールというくらいですから、まずは相手の話をじっくり聞いてください。


そして、相手から質問されたり、相手との共通点があったりした時は、しっかりと自分の事を伝えてあげましょう!

 


「この人は、ちゃんと私のことを考えてくれてる!」と思ってもらえれば相手から信頼され、仲良くなりやすくなります。

 

 

 

4.高圧的な態度を取る

f:id:show33:20190719125428j:image

 

買い物や外食時などでの注意点です。

 

女性は、店員さんやタクシー運転手といった、いわゆる立場の弱い相手に対する、あなたの対応を見ています。

 

自分が客であることを理由にして、横柄な態度を取るような事があれば、女性はその人と一緒に行動するのが嫌になるでしょう。

 

「きちんとした大人の対応が出来る人」という印象を相手が持ってくれれば、さらに信頼度はアップするはずです!

 

 

 

5.食べ方が汚い

f:id:show33:20190719125459j:image

 

これは、言わずもがなですね。。。


・くちゃくちゃと音を立てて食べる。

・口に食べ物が入ったまま、しゃべる。

・姿勢が悪い。


こういう基本的なところも女性はしっかり見ています。

 


ちなみに、ウーマンエキサイトのアンケート結果によると、女性が嫌がる食事中の行動として約7割が「ゲップ」だそうです。

https://amzn.to/2JJhZYg

 

 

いずれにせよ、相手とお互いに気持ちよく食事をするために、マナーも学んでおいた方がいいです。

 

 


6.目を合わせない

f:id:show33:20190719125528j:image

 

会話をしていて、全く目を合わせてくれない相手をあなたはどう思いますか?

 

「自分と話したくないのかな?」

「私の話がつまらないかな?」

「そもそも話聞いてるのかな?」

 

こんな風に思ってしまいますよね?

つまり、相手もそう思ってしまっているわけです。

 


行動心理学の観点からも、目線を外す、目を合わせない行為は、「後ろめたい気持ち」や「自信のなさ」を示しています。

 

もしかしたら、目を合わせるのが恥ずかしいという心理状態なのかもしれません。

ですが、相手に気を使わせてしまうだけです。

 

会話する時は、相手と目を合わせたり、相手のアゴの部分を見ながら話すなど表情でのコミュニケーションも実践してみてください^_^

 

 


7.ネガティヴワードが多い

f:id:show33:20190719125559j:image

 

自分の話をする時も、相手の話を聞いて反応する時も、どちらも関係することです。


いわゆる否定的な文言を使う時は気をつけましょう。


「でも、、、」

「だって、、、」

「どうせ、、、」

「無理」


こういう言葉を連発していると、相手は全然楽しくありません。。。帰りたくなってしまうでしょうね。

 

 

例えば、「◯◯くんってカッコいいよねー^_^」と相手から褒められた時に、


「いや、自分なんてモテた事ないし、どうせお世辞でしょ?そんなお世辞言われても嬉しくないから」


と言ったら、相手はどう思うでしょうね?笑

 

 

それよりは、

「本当!?ありがとう!!◯◯ちゃんにそんな事言われるとすごく嬉しいよ😊」と素直に返してあげた方が、何万倍もマシです。

 

 

無理して全てをポジティブにする必要もありませんが、ついネガティヴワードを発してしまう人は気をつけましょう。

 

 

 

8.声が小さい

f:id:show33:20190719125656j:image

 

これは、単純に相手からすると「何言ってるかわかんない」ってなります。


自分の想いは相手に伝わらないし、相手もイライラしてしまうし、自信がなさそうと思わせてしまいます。


良い事ありませんね。

 

ハキハキと話している方が、聞き取りやすく自信がある印象になり、好感度がアップします!

 

ただし、場所によって声のトーンは変えましょうね^_^例えば、混雑した電車の中で声のデカい人は、ただの迷惑な人ですからwww

 

 


9.細かすぎる割り勘

f:id:show33:20190719125735j:image

 

これも良く言われますよね。

 

1円や10円単位で割り勘しちゃうのは、さすがにやり過ぎかと。

 

かと言って、毎回奢ってしまう男性がいますが、これも長期的な視点では上手くいかない傾向にあります。

 

 

 

これらを解決する方法として、

「2人の共通財布」を持つことをオススメします。

 

 

例えば、

財布を1つ用意します。


毎月給料日後の最初に会ったタイミングでお互い2万円ずつ、その財布に入金する。


次の給料日後まで、入金した合計4万円が2人のデート代金として使えるわけです。


この場合、支払いは全てその財布からなので、完全割り勘になります。

 

 

 

いやいや、自分が多く支払いたいんだ!

という男性は、男3万、女1万入金するなど割合を変えてもいいかもしれません。


やり方はいくらでも工夫できますので、一度試してみてください。

 

 

将来、一緒に暮らす事になれば、なおさら、こういうやり方は大切ですよね^_^

 

 


10.距離が近い

f:id:show33:20190719125815j:image

 

人には、パーソナルスペースというものがあります。


いわゆる、他者が近寄ってきて嫌悪感を感じる距離感の事です。

 

 

 

このパーソナルスペース、性別や個体差にもよりますが、おおむね以下の範囲となります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▪️密接距離(親しい人に許される範囲)

0cm〜45cm


▪️個体距離(相手の表情が読み取れる距離)

45cm〜120cm


※他にも社会距離や公共距離などがありますが、恋愛においては遠すぎる距離感なので割愛します。


※一般的には、男性のパーソナルスペースは広く、女性は狭いと言われています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

近寄ってほしくない人に近寄られると、人は「目線をそらす」、「後ずさりする」などの行動を取ります。

 


つまり、これらを意識して相手の反応を見ることで、自分がどう思われてるのかを判断する材料にもなりますし、うまく使うことで相手と効率的に仲良くなっていけることでしょう!

 

 

 

 

 


いかがでしたでしょうか?

 


すでに知ってる内容があった人も、そうでない人も、今日から是非実践してみてください^_^

 

 

ここで記載した内容のほとんどは、異性だけでなく同性の人から信頼されるために必要な項目でもあります。

 

 

みなさんの今後の人間関係が上手くいくことを応援しています!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ココナラにて、悩み相談や恋愛テクニックなどをお伝えしています。

興味のある方は、ぜひ(^ ^)

https://profile.coconala.com/users/1063409

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自発的な人がモテる理由

今回のテーマは【自発的】です。

 

最近、年齢関係なく受け身な人が多いと感じるようになりました。

 

とくに10代、20代の若い方は、どこか自信がなさそうで、自ら発言もしなければ、行動もしない印象があります。

※もちろん、全てではないですし、私の周りだけかもしれませんが、、、

 

 

なので、今日は自発的とは何か?

そして、どうすれば自発的になれるのか?

なぜ、自発的が良いのか?

を、みなさんと考えていきたいと思います。

 

 

 


では、最初に自発的の意味を辞書で引くと、、、

-----------------------------------------------

自分から進んで行う場合にも、他からの働きかけに賛同して行動する場合にも、他へ働きかける場合にも用い、使われる場面によって「自発的」や「能動的」の意味も表す。積極的の対義語は「消極的」で、自ら進んで物事をしないさまや、引っ込みがちなさまをいう。自発的は、他からの働きかけがなくても、自分から進んで行うさま。

-----------------------------------------------

と、出てきます。

 

 

みなさん、想像してみてください。

友達や恋人と、どこかに出掛ける時に、待ち合わせ時間も場所も、その日の食事や遊ぶ内容も全て人任せの人だったら?

 

こういう人、意外にいるんですよ。

でも、明らかにモテないんです。

 

理由は簡単です。

消極的だからです。

 


ここで言うモテないとは、異性に限ったことではありません。


会社で言えば、

・「言われたことだけやっていればいい」と考えて、それ以上の仕事はしない。

・会議でも発言せず、ただ終わるのをじっと待つ。

・会議が終わったら、喫煙所で、あーだこーだ文句言う。

・仕事で分からない事は、人に聞かず、自己流でやってミスばかり。

 

たしかに、自分から発言しなければ、自分の考えを否定されることもないですし、何より楽ですよね。

 

ただ、これでは同僚も離れていくはずです。

評判も良くないでしょう。

 

 

 

責任のある仕事を任され、同僚から信頼され、ステップアップする人の共通点は【自発的な人】であるわけです。

 

 

 

 

 


では、自発的な人になるには、どうすればいいのでしょうか?


3つのポイントで考えていきます。

 

 

 


1.インプットの量を増やす

f:id:show33:20190710110141j:image

 

何より、能動的に動くためには、自分の中に選択肢を多く持つことが大切です。

 


恋愛という観点では、

・お気に入りの飲食店を増やす

・デートスポットを調査する

・メールの書き方を勉強する

etc...

 

 

仕事という観点では、

・ITスキルや、語学を学ぶ

・マネジメントやコーチングなど上司になった時に必要な知識を身につける

・副業で稼ぐためのツールを見つける

etc...

 

 

 

これらは、スクールに通ったり、自分で場数を踏んで経験値を上げたり、本を読んで学んだり方法は色々あります。

 

 

 

 

 


2.アウトプットの機会を増やす

f:id:show33:20190710110352j:image

 

上記で得た情報は、なるべく早く、そして多くアウトプットすることが重要です。

 


アウトプットとは、得た情報を実践することです。


また、人に知識を話すことも大切なアウトプットになりますね。

 

 

 


人の記憶は長時間持たないことが科学的にも証明されています。


ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスによって提唱された「忘却曲線」は有名ですよね。


-----------------------------------------------

エビングハウスは、無意味な音節を被験者に記憶させ、時間と共にどのくらい忘れたかを検証しました。


結果は以下のとおりです。

・20分後には42%を忘れ、58%を覚えている。

・1時間後には56%を忘れ、44%を覚えている。

・1日後には74%を忘れ、26%を覚えている。

・1週間後(7日後)には77%を忘れ、23%を覚えている。

・1ヶ月後(30日後)には79%を忘れ、21%を覚えている。

記憶してから1日経つまでに、なんと74%もの記憶が失われています。

-----------------------------------------------

 

 

 

アウトプット、つまり人に話す行為は、この忘れるという現象を抑制する効果があるとされています。

 


例えば近年、学校教育などでもアクティブラーニングという自発的学習を取り入れる傾向が高まってきました。

 


アクティブラーニングとは、グループディスカッションなどを介し、自分の意見を発表する場を設けるなど、従来型の先生の話を聞くだけではない教育方法の事です。

 

 

このアクティブラーニングでも、自ら仕入れた情報を元に、他者へ発言するというアウトプットが行われているわけです。

 

 

 

ぜひ、みなさんも本やインターネット、友達との会話で学んだ事などを第三者へ話す機会を設けてみてください。

 

 

 

 


3.ゴールを見据えた思考を持つ

f:id:show33:20190710110436j:image

 

最後に、この思考がとても大切になります。


要するに、相手に話をして、どうなるのがゴールなのかを予め決めておくということです。

 

 

 

例えば、先ほどのアウトプットであれば、


仕入れた情報を相手に話す


→相手に「なるほど!」と思われるのがゴールなのか?


→相手に自分がインプットしたものと同じものを学んでほしいのか?


→話を聞いてもらうだけでいいのか?


仕入れた情報を元にしたアイディアで、新たな何かを作りたいのか?

 

 

 

 


せっかく自発的にインプットした情報ですから、活用しない手はないでしょう。

 


そして、アウトプットとしてその情報をどう活用するのか考えるのです。

 


さらに言えば、より多くの情報を取り入れて自分なりの考えを作ることをオススメします。

 

 

 

その結果、あなたならではの思考が軸となり、周囲の人から信頼され、仕事、恋愛、家庭など様々な場面で活躍できるようになります。

 

 

 


まとめとして、

・情報収集(インプット)したものを、

・噛み砕いて(アウトプット)

・自分の体づくり(軸)にしていく。

です!

 

 

 

ぜひ、自発的に行動してみてください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ココナラにて、悩み相談や恋愛テクニックなどをお伝えしています。

興味のある方は、ぜひ(^ ^)

https://profile.coconala.com/users/1063409

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

精神的に成熟した大人になるための「3つ」の方法

みなさん、こんばんわ。

突然ですが、【良い大人】って何でしょう?

 

優しい人?

お金持ちの人?

仕事ができる人?

 

間違いでは無いと思います。

ただ、全てにおいて共通するのは、「精神的に成熟した人」であることです。

 

つまり、「精神的に未熟である人」は、例えお金持ちになったとしても、人から好かれることは無く、仕事で他者から評価されることも無いのです。

 

仮に、会社の社長が「精神的に未熟」であった場合、その会社が長く存続することは難しいでしょう。長く続いた時は、社長ではなく、他の従業員が「精神的に成熟している」ケースになります。

 

 

 

では、「精神的に成熟するため」にはどうすればいいのでしょうか?

 

私が、過去出会った人の中で共通するポイントを、3つ挙げていきます。

 

 

 

1.相手の話を傾聴できる

f:id:show33:20190708205904j:image

 

ただ、話を聞くのではなく「傾聴」することです。

 

「傾聴」を辞書で引くと、以下3つの要素が出てきます。

--------------------------------------------------------------

・言葉以外の行動に注意を向け、理解する(姿勢、しぐさ、表情、声の調子など)。

・言葉によるメッセージに最後まで耳を傾け、理解する。

・言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。

--------------------------------------------------------------

つまり、傾聴できる人は、ただ聞くだけではなく、相手がどのような気持ちで話をしているのか?を察知する能力が高いわけです。

 

傾聴力を鍛えるには、

・まず、相手の話を聞こうとする姿勢。

(自分の話ばかりしない)

・相手の表情や姿勢、声のトーンに注意を払う。

・その上で、相手が自分に話をした事で何をしてほしいのか?を考える。

(相手が自分に期待していること)

 

これらを会話の際に繰り返し練習することです。

 

 

 

 

2.感情的にならない

f:id:show33:20190708210445j:image

 

喜怒哀楽(きどあいらく)という言葉があります。

 

漢字のとおり、

喜び、怒り、哀しみ、楽しい

こういった人間の持つ感情のことです。

 

この感情を消せと言っているわけではありません。

精神的に成熟した大人は、むしろ映画を見て感動し涙することも多いです。

 

ここで言う「感情的にならない」というのは、

・暴力的でないこと

・優位性を重視しないこと

・自分の中に軸を持つこと

です。

 

 

 

まず、暴力的でないとは、、、言わなくても分かりそうですがwww

 

暴力を振るう、暴力的な発言をする、

これは最低レベルのコミュニケーションです。

 

自分の気持ちが理解されないから、声を荒げて相手に何も言わせなくさせたり、暴力を振るうことで相手を屈服させるのは、精神的に未熟と言わざるを得ません。

 

 

 

次に、「優位性を重視しない」ことです。

これは少し難しいかもしれません。

 

簡単に言えば、

「自分が一番だから、相手をそれに合わせようとする」ことです。

 

例えば、あなたがレストランに行ったとします。

ウェイターが注文を取りに来ました。

あなたが注文しようとした時、

隣のテーブルから「おい、こっちの料理まだか?注文取ってるヒマがあるなら、お前が作ってこい!」という声が聞こえました。

声がした方向を見ると、テーブルにはカップルがいて、男性がウェイターに向かって怒っているわけです。

 

みなさん、どう思いますか?

ちなみに、これは私の実体験ですwww

 

その人の価値観では、たしかに料理が出てくるのが遅かったのかもしれません。

 

そして、おそらく自己優位な考え方から、

「俺の料理も持ってこないで、他の客の注文なんか聞いてんじゃねえ」という心理なのでしょう。

 

ただ、一緒に座ってる彼女は、どんな気分だったでしょうね。。。

 

誰だって、自分がカワイイのかもしれません。

しかし、それをむき出しにしてしまうと周囲の人たちは遠ざかっていくでしょう。

 

自分が思った感情が、

「誰のため?」のことなのか冷静になって考える、そしてそれをどのように伝えるのが一番良いのか考えるクセをつけると良いと思います。

 

 

 

3つ目は、自分の中に軸を持つこと、です。

この軸は、あなたがモチベーションを高く維持できるものをオススメします。

 

例えば、

会社で働く傍らで、資格勉強を頑張る!

というのでもいいでしょう。

 

ただ、その場合、資格を取った先まで明確になっていると、もっといいですね!

 

つまり、資格取る→会社で新たに○○の業務をする→次は、○○の知識を身につけて→○○が出来るようになる。

 

といった、伝言ゲームを頭で作って考えるといいと思います。

 

 

この軸があることによって、他者に影響されない人生を送ることが出来ます。

※他者に相談してはいけないということではありません。

 

自分で考え、自立した生き方が出来る人は、精神的に成熟した人と言えるでしょう。

 

 

 

 

3.相手を認める

f:id:show33:20190708210716j:image

 

最後は、「相手を認める」です。

つまり、相手をコントロールしないことです。

 

つい、私たちは自分の意見が正しいと思い、間違ってると思う相手に対して、コントロールしようとしてしまいます。

 

「何で、私の言うことが聞けないの?」

「俺の言うとおりにやればいいのに」

 

口には出さずとも、心の中で思ったこともあるかもしれません。

 

ですが、残念ながら相手の感情をコントロールすることは出来ません。

いや、正確には、「コントロール出来たとしても、すべきではない」ということです。

 

 

仮に、相手から否定的な意見を言われてムッとしても、「もしかしたら、自分にはそういう一面があるのかもしれない」と冷静に考え、もし思い当たる事があるならば、どうしたらそういう自分を治せるか?を考えてみてください。

 

相手は変えられませんが、自分は変えられます。

それに、自分をどうしたら変えられるか?を考える方が遥かに早く済みますし、簡単です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

みなさんの新たな発見につながれば幸いです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ココナラにて、悩み相談や恋愛テクニックなどをお伝えしています。

興味のある方は、ぜひ(^ ^)

https://profile.coconala.com/users/1063409

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【信用】とは?

f:id:show33:20190703235233j:image

 

はじめまして!

Show33(ショーさん)ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

このブログでは、私自身が人生で感じてきた事をテーマに書いていきます。

 

読者の方の人生にとって、少しでもヒントになれば幸いです(^_^)

 

 

まずは、簡単に自己紹介しますね。

・show33(ショーさん)会社員

中間管理職として、とある企業で働きながら、行動心理士としてカウンセリング活動を行う。人との対話を好み、生きるヒントを得た時に喜びを感じるw

共感や指摘、みなさんからのコメントお待ちしています!

 

 

 

 

さて、初回のテーマは、【信用】です。

 

みなさんは、信用される人間ですか?

信用されることが、何故大事なのでしょう?

 

 

 

結論から言えば、【信用】が無ければ私たちは「生活しにくく」なってしまうんです。

 

なぜなら、私たちを取り巻く環境が「信用社会」で成り立っているからです。

 

 

 

みなさんも考えてみてください。

・友達を作る

・会社で働く

・銀行でお金を借りる

・家を借りる

・結婚する

etc...

 

いかがでしょうか?

私たちが何かをする時には必ず【信用】が付きまといますよね。

 

 

 

では、どんな人が信用されるのでしょうか?

 

◎言動、行動、結果が一致している人

「私は浮気はしない」と言っている人が浮気をしたら、、、

 

みなさん、そんな人間は信用できませんよね?

 

 

「俺、時間にルーズな奴、嫌いなんだよね」

って言っている人が、待ち合わせ時間に理由なく遅れて来たら?

 

おいおい(;´д`)ってなります。

 

 

つまり、自らの発言に責任を持って、行動できる人は信用されるという事です。

 

当たり前の事ですが、意識しないとなかなか出来ることではありません。

 

 

私事ですが、今年中に資格を3つ取得する予定です。

すでに1つは取得済みなので、あと2つです(^ ^)

みなさんの前で発言してしまったので、しっかり取得できるように頑張りますwww

 

 

私たちは1人で生きていく事は不可能な社会にいます。必ず誰かに助けられ、誰かを助けています。

 

そのため、人から信用されること、人を信用することは、とても大切な事ですよね。

 

みなさんも、今一度、ご自身が信用される人かどうか、また信用できる人が周りにたくさんいるかどうか確かめてください。

 

そして、もっと信用される人になるためにはどうすればいいか?

自分に足りていないものは何か?

を考えて、行動すれば、さらに魅力的な人物になれるはずです。

 

人生これからです!

一緒に成長していきましょう!

 

 

 

これからも、気づいたことをどんどんブログに書いていきますので、よろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ココナラにて、悩み相談や恋愛テクニックなどをお伝えしています。

興味のある方は、ぜひ(^ ^)

https://profile.coconala.com/users/1063409

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー